企業情報

事業ビジョン

新中期経営計画「CS VISION-U」(2016〜2018年度)
〜基本方針〜
「環境変化に左右されない強固な国内事業基盤を構築して成長の礎とし、その基盤の上に、新規事業立上げによる事業の多角化と、アジアを中心としたグローバルな事業展開を通じて、持続的な成長を 遂げる企業グループを目指す。」

当社は、変革に大胆にチャレンジする企業として、持続的な成長を図るべく、当社設立50周年にあたる2018年度を最終年度とする3カ年の中期経営計画「CS VISION-U」をスタートさせました。

図:星光PMCの戦略

「CS」の説明

人々の豊かな暮らしと、地球環境に貢献する「Chemical Solution」をお客様に提供し、「Customer Satisfaction」を積み重ねて、お客様と社会への貢献を通じて 企業基盤を強化することで、「Corporate Sustainability」を高めて行く、という思い。

「CS VISION-U」概要

(1) 国内事業基盤の強化

  1. 製紙用薬品事業
    お客様に対する差別化されたソリューションの提供と、高性能の新規製品投入により市場プレゼンスを拡大する。
  2. 樹脂事業
    製品ポートフォリオ見直しと、生産体制効率化で収益基盤を再構築する。
  3. 化成品事業
    「○○くっつく○○」「○○混ざる○○」のコンセプトの基、機能性創造モノマー・オリゴマーの提供により事業基盤を確立する。

(2) 海外事業展開の加速

  1. 製紙用薬品事業
    製品ポートフォリオの拡充等により既存の製造設備を最大限に活用する。
  2. 樹脂事業
    中国で拡大している印刷インキ水性化のニーズを捕捉する。
  3. 海外人材の育成と採用を強化する。

(3) 新規開発事業テーマの事業化

セルロースナノファイバー、銀ナノワイヤなど、当社が前中計期間中から取り組んできた新規開発事業について、事業化への道筋をつける。

(4) 事業領域拡大のための新規事業の探索・事業化

当社グループの強み(技術、顧客基盤、財務基盤、等)を活かした新規事業参入の機会を探索して、当社事業に取り込む。

(5) 外部資源の活用

上記(1)〜(4)の戦略を遂行するために、外部の経営資源、事業インフラをグループに取り込む手段として、他社との業務・資本提携やM&A の積極的な活用を図る。

(6) 自ら変化し、挑戦し、成長する企業風土の醸成

  1. 環境変化を、自らが変革し成長するためのチャンスと捉え、上記戦略に沿ったイニシアティブが主体的に立案・実行される、チャレンジ精神に溢れる企業集団を目指す。
  2. チャレンジする企業風土醸成の一環として、女性および外国人の活用を図り、ダイバーシティを進展させる。

「CS VISION-U」の業績目標

指標 項目 2015年度実績
(ベース年度)
2018年度
(本中計ゴール)
経営目標 連結売上高 24,569百万円 27,200百万円
連結営業利益 1,318百万円 2,200百万円
連結営業利益率 5.4% 8.0%以上
参考指標 海外事業売上高比率 14.9% 21.2%
ROE 5.4% 7.7%

ページトップへ

Copyright © 2010 SEIKO PMC CORPORATION All Rights Reserved.