技術情報

コアシェル型エマルション

特長

  • 粒子径および粒度分布を制御することが可能です。
  • 水溶性ポリマーを分散剤として使用することにより、乳化剤レスのエマルションの合成が可能です。
  • 多種多様(約30種類)な高分子分散剤を使用することにより、エマルションに幅広い性能を付与できます。
  • コア樹脂とシェル樹脂の組み合わせを変化させることにより、エマルションの高性能化が可能です。
  • 低温架橋システムの導入により、塗膜物性の向上が図れます。

コアシェル構造

粒子径コントロール

粒子径コントロールの例

高分子分散剤のバリエーション

高分子分散剤のバリエーション

低温架橋システム

カルボニル/ヒドラジド架橋(1液水性架橋)

エマルション形成能の図

ページトップへ

Copyright © 2010 SEIKO PMC CORPORATION All Rights Reserved.