JP EN CN
COMPANY INFO

事業紹介

ホーム > 企業情報 > 事業紹介

OUR SERVICE 星光PMCの事業

星光PMCグループの3つの事業についてご紹介します。

製紙用薬品事業

製紙用薬品とは、その名の通り「紙」を製造する際に使用する薬品の総称です。製紙用薬品は、用途に応じて必要とされる様々な機能を紙に付与します。例えば、サイズ剤は、紙に耐水性を付与する機能を有しており、ハガキや筆記用紙でのインキのにじみを抑制します。紙力剤は、高い強度が要求される板紙の製造に使用され、段ボールの強度向上に寄与します。湿潤紙力剤は、紙が水にぬれた際にも破れにくくする機能を付与する薬品で、ティッシュ、タオルペーパーには必ず使用されています。当社は、さまざまな製紙用薬品の製造を通じて、私たちの生活になくてはならない「紙」の産業の発展に貢献しています。国内事業に加え、2006年より中国市場で事業を展開しておりますが、今後は東南アジアを中心にアジア地区への更なる事業地域拡大を目指します。

樹脂事業

樹脂事業では、紙面に彩りを与える印刷インキ用の樹脂を中心に、関連する様々な機能性樹脂を製造しています。

主力製品である水性インキ用樹脂は、国内のみならず、中国・東南アジアを中心とした海外においても高い評価をいただいており、現地生産、販売を強化しています。最近では、バイオマス原料を使用した素材開発や、パッケージングの脱プラスチックに貢献する紙用機能性コーティング剤の開発など、環境対応型製品の開発を加速しています。

また、2019年1月には、粘着テープなどに使用する粘着剤を製造する新綜工業股份有限公司をグループ化し、事業の領域を拡大しました。

化成品事業( KJケミカルズ )

当社グループのKJケミカルズが担う化成品事業では、アクリルアミド誘導体を中心とした、さまざまな機能性材料を製造しています。

環境意識の高まりを背景に市場が拡大している無溶剤(UV硬化樹脂)系や水系の塗料・インキ・粘接着剤等の分野に向けたモノマーやオリゴマーに注力しており、特に、皮膚刺激性が低くUV硬化性が高いモノマーを多数ラインナップしています。

また、モノマー製造で培った技術を活用し、高溶解性かつ安全性に優れるアミド系溶剤「KJCMPA®-100」を世界に先駆け提供しています。